過去の在留状況の大切さについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

(全てのビザで共通)

過去のあなたの日本での在留状況は、入国管理局にとって、とても重要です。
入国管理局は、あなたの過去の日本での在留状況についてと過去の在留資格申請についての情報を必ず調べます。
例えば、以前、あなたが日本に「興行」で来たとします。それから三年後に母国に帰国します。そのあとで、日本人と結婚し、日本にまた戻ってくるとします、今度は、日本人の配偶者として。
この時、入国管理局は、過去の「興行」の時の申請と、今回の「配偶者」の申請を比較検討します。
過去の申請と、今回の申請の内容に齟齬があると、ビザ 取得は難しくなってきます。

 

(For All kind of VISA in JAPAN)

The information that how you have been stayed in Japan is so important for stuffs of Immigration Bureau.
They will surely investigate your information on how you have stayed in Japan before and on your application for certificate of eligibility at that time.
For example, you have come to Japan as entertainer before, and three years later you have gone back to your home. And you married to Japanese.This time You come back to Japan as Spouse of Japanese National .
In this case, Stuffs of Immigration Bureau compare your pastt application( entertainer ) to application (Spouse) this time.
The difference of the contents of application( entertainer )before and application (Spouse) this time may not get you VISA.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です