自動車整備士の採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

【技術・人文知識・国際業務】

(自動車整備士)

外国人を自動車整備士として採用する際のポイントは以下です。

1.国家資格等は要求されませんが、”将来、検査主任を任せる” 程度の能力は要求されます。

2.自動車整備士2級を取得するための研修計画が要求されるかもしれません。

3.タイヤ交換、部品交換、洗車などの単純労働ばかりさせることは認められません。

4.会社の設備状況

5.会社の規模。業務量。

6.給料(日本人メカニックと同等)

などなど。

【Engineer/Specialist in Humanities/International Services】
(Automobile mechanic)

What is so important to employ foreigners as Automobile mechanic ? These are below…..

1.Some national qualification of Automobile mechanic are not required, but some abilities that are able to become “a mechanic chief” near future must be required.

2.A training plan to get qualification(second grade) of Automobile mechanic may be required.

3.Always unskilled labor such as replacing parts,tires and car washing are not accepted.

4.Company’s facilities.

5.How busy a company is ?

6.Salary (same as the salary Japanese mechanic get)

and more….

自動車整備士の採用」への3件のフィードバック

  1. 僕は自動車整備士専門学校で勉強しています。卒業の後は自動車開発,自動車設計という仕事でビザ更新は可能でしょうか?

    • ご質問ありがとうございます。
      はい。自動車開発、自動車設計の仕事であれば、ビザ更新可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です